ホーム > お知らせ > 自己改革の取り組み紹介(2018年12月)

お知らせ

自己改革の取り組み紹介(2018年12月)

2019.02.08

 
                                                                                          
                                                                             
    青年部員の音頭による「ガンバロー三唱で」大会を締めくく
   りました
 

協同の力で農業と地域を未来につなぐ

  「地域農業・農村を未来につなぐ」をテーマに、第4回JAめぐみの農業者大会を12月8日に本店で行い、各生産組織の代表者や行政関係者ら450人が参加しました。
 6人の生産者が、現状や課題をふまえた提案や支援の必要性を訴えました。
                        
(平成30年12月8日)


 

5つの仮想企業が事業計画
 

 中部学院大学と当JA、コープぎふが共同で研究をすすめてきた、「協同組合をテーマにした新ビジネスモデル」の報告会が12月12日、同大学各務原キャンパスであり、経営学部経営学科の安藤信雄教授のゼミの学生3、4年生15人が立ち上げた5つの仮想企業から、地元農産物を使った商品の提案やSNSを活用した売り方などの事業計画が発表されました。

                                          








              
   






新ビジネスモデルを発表した学生と関係者                       
 














 


   学生が考えた2種類のシフォンケーキ、パンプキンパイ、カリ
   フォルニアロールの試食もありました。              
 

  (平成30年12月12日)
 

心も身体もぽっかぽか

 

 日頃の感謝を込めて各支店で「ふれあい感感謝デー」を行いました。
 温かい食べ物や楽しい催しで、支店に笑顔があふれました。

                                                                                                     

 













 

                         

豚汁にみなさんが笑顔(12月21日、山之上支店)            楽しく餅つき(12月14日、みたけ支店)

 
(平成30年12月)

ページトップへ