ホーム > 特産品 > 就農支援 > 就農支援

特産品

就農支援

就農支援

 JAめぐみのでは、新規に就農する人を応援する取り組みに力を入れています。
 取り組みは、新規栽培者の育成を目的とした「JAめぐみの就農塾」と、組合員の農業所得の向上、地域農業の発展などを目的とした「JAめぐみの実証ほ場」があります。
 また、新たに平成28年度より「JAめぐみの郡上トマトの学校」を開校します。
 

JAめぐみの「郡上トマトの学校」

 平成28年度より郡上市でトマト栽培を始めたい方を対象に、2年間の研修を行う「郡上トマトの学校」を開校します。郡上市在住の方はもちろん、郡上市へ移住して新たにトマト栽培を始めたい方も募集します。就農に向けて、生産者と関係機関が一体となってサポートします。まずはお気軽にご連絡ください。

募集案内
【募集人数】
 2名(面接のうえ決定します)

【応募資格】
◆満18歳以上の方(平成30年4月1日時点)
◆性別、農業経験の有無は不問(女性大歓迎!)
◆研修修了後に夏秋トマトで郡上市内で就農意志のある方(地元、Iターン、Uターンを問わない)

【募集期間】
 平成29年6月1日(木)~7月31日(月)まで

【応募方法】
 研修受講申込書を下記相談窓口まで郵送またはご持参ください。
 持参による受付は平日の9時~17時。郵送による場合は募集期間中に必着でお願いします。

【事前相談・募集説明会】
(事前相談)相談時間内に下記相談窓口までお気軽にご相談ください。
(募集説明会)
 日  時:第1回 平成29年5月27日(土)9:30~12:00
      第2回 平成29年6月24日(土)9:30~12:00
 場  所:郡上トマトの学校研修管理棟
      郡上市白鳥町長滝113-3
 内  容:事業説明、研修予定地の見学
 申込期限:第1回 平成29年5月24日(水)まで
      第2回 平成29年6月21日(水)まで
 申  込:下記窓口までお電話にてお申し込みください。
(見学・体験)随時受け付けています。ご希望の場合は下記相談窓口までお電話ください。

研修内容
【研修場所】
 郡上市白鳥町長滝
 郡上トマトの学校

【研修期間】
 平成30年4月から平成32年3月まで

【研修内容】
 夏秋トマトの栽培技術や農業経営に必要な知識・技能等について、栽培実習を中心に講義・演習を交えた研修を実施します。

【研修条件】
 ◆研修受講料は無料です。
 ◆研修受講にかかる個人経費(テキスト代、研修施設までの交通費等)及び生活費は自己負担となります。
 ◆本事業における生産物販売代金は、研修所の収入とします。
 ◆研修開始前までに傷害保険に加入していただき、研修中の災害補償については、ご自身で対応していただきます。
 ◆研修期間中、青年就農給付金(準備型)の給付対象となります。(就農予定時に45歳未満の方に限ります)

【就農支援】
 JA、郡上農林事務所、郡上市、郡上園芸特産振興会夏秋トマト部会等が連携して、農地・施設の取得及び資金調達等、研修終了後の就農に向けて
お手伝いを致します。

相談窓口(お問い合わせ先)
めぐみの農業協同組合 本店 営農部 相談時間:平日9時~17時まで)
〒501-3802 岐阜県関市若草通1-1
TEL:0575-23-5885  FAX:0575-23-5551
E-mail:f-nagao@jamegumino.gjadc.jp


 トマトの学校チラシ

 

JAめぐみの就農塾

 主要農産物の産地拡大を推進することなどを目的に開いています。就農塾の受講者はJAめぐみの管内で就農することが前提で、生産者や県の普及指導員、JAの営農指導員が講師となり、農産物の栽培技術や農業経営の基礎知識を身に付けてもらうものです。
 同塾の卒業生は、その前身の営農支援学習とあわせて259人。うち就農者は155人(27年度卒業生を含む)になります。同塾はサトイモ、夏秋トマト、夏秋ナスの3コースで、コース毎に講座が年間12回あり、生産者等の畑で、土づくりや植え付けの方法、病害虫の防除、収穫などを体験するほか、視察研修や生産者との交流、農業経営などにかかる学習などを行うものです。
 受講生を募集しておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。
詳しくは就農塾募集チラシをご覧ください。

募集案内
【学習期間】
 4月~3月(1年間で12回程度)

【募集人員】
 40名

【対象者】
 JAめぐみの管内で就農が見込める概ね65歳までの方

【内容】
 (基礎学習)コースに関係なく、全受講生が参加する基礎研修(全5回)
 (圃場実習)下記のうち、いずれか1コースを選択(7回程度)
  サトイモコース(関市)、夏秋トマトコース(郡上地域又は白川地域)、夏秋ナスコース(美濃加茂地域)

【申込方法】
 下記お問い合わせ先まで直接お電話ください。

【受講料】
 10,000円(講習代、保険料、視察代、資料代等)
 

       
基礎学習
(H28 視察研修)

サトイモコース
(H28 サトイモのダツかき)

夏秋トマトコース
(H28 トマトの収穫)

夏秋ナスコース
(H28 ナスの誘引)


JAめぐみの実証ほ場

 JAめぐみのでは、管内で栽培される主要品目を実証栽培し、得られた成果の最大限の活用を図る取り組みを行っています。実証ほ場では栽培技術実証等を行うほか、営農指導員の育成研修および新規就農者に対する学習ほ場として活用します。
  随時、研修生を募集しています。まずはお気軽にご連絡ください。
詳しくは実証圃場募集チラシをご覧ください。

募集案内
【研修期間】
 概ね1年間(要相談)

【募集人員】
 約2名(面接の上、決定します)

【対象者】
 新規就農を志す45歳までの方
 JAめぐみの管内で就農できる方

【研修作物】
 要相談(就農地及び研修圃場で栽培可能な品目を、相談の上決定します)
 (今年度栽培品目)
  夏秋ナス、里芋、夏秋トマト(養液栽培)、パプリカ(要液栽培)、スイートコーン、コマツナ、ミズナ、ホウレンソウ等

【研修内容】
 就農作物の生産技術、経営に関する事、就農に関する事

【申込方法】
 下記お問い合わせ先までご連絡ください。
 


平成28年度 実証圃場研修生
(H28 ナスの剪定)

平成28年度 実証圃場研修生
(H28 ナスの生育調査)

設立
平成22年11月

圃場概要
【ハウス】1.38a×1棟、1.5a×4棟  計5棟
【路 地】38.5a                        計45.8a


5カ年取組計画
〇水稲栽培における品質向上技術実証及び飼料用稲栽培実証
〇小麦栽培における品質向上のための施肥技術実証
〇大豆の収量向上及び管理省力化モデル実証
〇地域振興モデル作物の栽培実証
〇畦畔管理省力化技術実証
〇新規就農者育成研修及び営農指導員技術向上研修

 

実施内容 

<研修関係>
1.新規就農研修生の受け入れ
2.JA営農指導員の栽培研修
3.JA支店窓口職員の営農基礎研修
4.親子農業体験の受け入れ
5.中学生職場体験の受け入れ
<栽培関係>
1.養液ポット耕栽培の実証
2.中濃地域の主要品目の栽培実証


 




 



栽培作物

<ハウス栽培例>
・パプリカ(養液ポット耕栽培)
・夏秋トマト(養液ポット耕栽培)
・スイートコーン(夏獲り、秋獲り)
・ホウレンソウ
・ミズナ
・コマツナ
<露地栽培例>
・夏秋ナス
・円空里芋
・葉菜類
・豆類
 

  






 

夏秋トマト

パプリカ

夏秋ナス

スイートコーン

お問い合わせ先

本店営農部
TEL:0575-23-5885
 

ページトップへ